ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-05 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第8話 「震える心」
前回ラストでシロエに手を上げたキース。
早速、マザー・イライザに呼び出されてカウンセリングを受ける。
単なるカウンセリングの範囲を超えたイライザの独白。
それが何を意味するのか、その一端はシロエによって明らかにされる。

今回の見どころはサムの人間くささ。
キースを揶揄するクラスメイトに本気で怒ってみたり、自分の限界をキースに吐露してみたり、共感するところが多い。
そして、ミュウの長となったジョミー・マーキス・シンによる呼びかけを兼ねた精神攻撃を受けてショックを受けるサム。
かつての同級生が「敵」として姿を見せる。
その様子は痛々しさすら感じた。

一方、シロエはキースの正体を探ろうと立入禁止エリアに入り込んで、「キースの正体」を見る。
が、それがバレて成人検査。
「助けて、ピーターパン!」というセリフがアタラクシア編のジョミーとの出会いと繋がっているのが、話をきちんと作っている証拠かと思う。
最後は、ピーターパンの絵本を抱えてヘロヘロになったシロエとキースが出会う所で終わる。
次回、教育ステーション編の山場が訪れる訳で今までのスローペースが嘘みたいな速い展開に少々戸惑いも覚える。
が、冗長なだけでは何も心には残らないので、この位のペースでもいいのかもしれない。
そんなことを思う。
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。