ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-08 | »
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第19話 「それぞれの場所」
レインに自らの出自を明かすフィシス。
そんな彼女を責めるトォニィ。
その思いがキースの辿る道への伏線になる。

一方、アタラクシアを攻略したジョミー。
抵抗勢力を殲滅するよう指示する彼に、スウェナは「変わった」という。
そんな彼女は、ジョミーを娘に会わせようとするがそっけない反応しかしない。
ナスカ消滅以前だったらどんな対応をしたのだろう。
面会後のトィニィとの会話シーンを見てそんな事を考える。

一方、廃棄された教育ステーション・E-1077に侵入したキース。
幽霊船同然のステーション内でマザー・イライザと接触する。
彼女に導かれるままに、扉をくぐる。
彼が見たのはカプセルに入った男女の群れ。
男はキースに、女はフィシスにそっくり。
原作ではもっと早く示されていたキースの正体だが、後半にあえて持ってきて、なおかつフィシスとのブルーとの思い出にシンクロさせるのは見せ方としては良かったのではないか。
カプセルの中にいたのは、キースに至る失敗作。
キースの生育歴の幾多のエピソードは全て仕組まれたもの。
そう語るマザー・イライザにキースは嫌悪感を抱く。
普通の人間ならそうだろう。

スゥエナと別れたジョミーはテラズ・ナンバー5と接触する。
というより、交戦状態に入っているのだが。
それにしても、登場するコンピュータがやたらと人間臭いんだが。
「電磁シールドに灼かれて死ぬがいい」なんて普通言うか?
キースはキースで、マザー・イライザを破壊するが、こちらの方がまだコンピュータらしい。

ジョミーがテラズ・ナンバー5に勝利した事でプロテクトが解け、地球の座標が明らかになった。
いよいよ地球への最後の旅が始まる。
そして、迎え撃つ人類軍を指揮するのはキース・アニアン。
グランド・マザーの元、どのような戦いになるのだろうか。
次回が楽しみでならない。
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。