ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-09 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲劇の輸送船 言語道断の戦時輸送の実態
この手の本を読むと常に思うことがある。
「日本軍は『輸送』をどのように考えていたのか?」と。
本書もそれに対する回答を用意してくれる。

それにしても、太平洋戦争時の日本の輸送船を取り巻く環境は「劣悪」の一語に尽きる。
旧型の、それも僅かな護衛艦に伴われて日本を目指す輸送船団。
そしてそれを追うアメリカの潜水艦群。
両者の対立は、後者による一方的な「虐殺」に過ぎなかったことを改めて認識させてくれる。
対立にもなっていない。

朝の通勤時に読むには結構ヘビーな本だったが、色々な面で教訓にはなった。
それにしても、よくもまぁ「補給」を無視して戦争続行をしようと考えたものだと、首を傾げざるを得ない。

大内健二著
光人社NF文庫
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。