ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-09 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第24話 「地球の緑の丘」
個人的には原作のラストをどのようにアレンジしてくるかに関心があった。
ジョミーとキースの対面シーンをどうアレンジしてくるか。

結論から言えば、アニメ版らしくまとめてきたというのが感想だ。
ジョミーとキースは対決するが、それはミュウと人類の立ち位置の違いを明確にするための「儀式」のようなものに思えた。

原作ではキースがジョミーを撃つが、アニメ版ではグランド・マザーが果たしている。
なるほど、キースの自我を見せるにはこちらの方がわかりやすい。

・・・などと、色々なことが脳裏をよぎるが、一番驚いたのはトォニィの扱い。
原作では「遠くから見守る」として地球から離れてしまうが、今回はジョミーから次のソルジャーに任命される。

かくして、次代の人類とミュウはどう関わっていくのか。
そんなことを考えさせつつも、綺麗な幕切れだった。

全24話を見てきたが、昔の原作を現代風にアレンジするのは結構難しいんだなということを改めて思う。
その試みはうまくいったと考えたいところだが。
 
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。