ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-09 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1GP第15戦・日本GP決勝
昨日に引き続いて中継を見ながら、これを書いている。
最初セーフティーカーが入ってスタートした時、なかなか引っ込まないので、いつスタートするかヤキモキした。
しかし、富士スピードウェイに降る雨を考えれば無理ないところか。

それにしても、アロンソがリタイアするとは思わなかった。
マクラーレン初のリタイアというのも信じられないが、この大一番でリタイアするとは全く予想もしなかった。
「サバイバルレース」というけれど、過半数以上がコース上に残っているようでは本当のサバイバルレースではない。
雨中のレースということで、もう少しリタイアが出るかと思ったが。

トップの入れ替わりが結構面白かった。
レッドブルのウェーバーがトップに立ったり、トロ・ロッソ(!)のベッテルがレースをリードしたり。
若手ドライバーのバトルが数多く見られて楽しめるレースだ。
それでも最終的にはマクラーレンのハミルトンがトップに立っている。

件のウェーバーとベッテルは後者が前者に追突する形で姿を消した。
上手く行けば2・3位を姉妹チームが占めることができただけに惜しい。

遂に二時間リミット。
随分久しぶりになる二時間レースが宣告された。
まぁ最初のセーフティーカーの引っ張りぶりを考えれば無理もないところか。

最後の見せ場はフェラーリのライコネンと二位のコバライネンのバトル。
ドライのようにマシンを操るライコネンに暫し見とれてしまう。

優勝はハミルトン。
・・・と書いていたらフェラーリのマッサとBMWのクビサの6位争いがこれまた迫力十分。
見ていて十分楽しいレースだった。
ドライバーはたまったものではないけれども。
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。