ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2007-10 | »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1GP第17戦 ブラジルGP・決勝
泣いても笑っても三人の中からワールドチャンピオンが決まる最終戦。
個人的な予想としてはアロンソかハミルトンのどちらかが、その座につくと思っていたが。
しかし、結果はこちらの予想を大きく覆すものだった。
まさか、フェラーリがワン・ツーを決めてライッコネンがハミルトンとアロンソを1点差でかわしてワールドチャンピオンの座に収まるとは。

冷静に考えてみれば、「ハミルトン旋風」の陰に隠れている感は否めないが、年間最多勝ドライバーの下へタイトルが行くのは自然と言えば自然。
何もかもがハミルトンの活躍に隠れてしまった今シーズンだったが、個人的にはいい幕切れだったのではないか。
そんなことを思ってみたりもする。

「いい幕切れ」と言い難いのは日本勢。
注目していた中嶋が10位完走したのは良しとしても、トヨタが8位と11位、ホンダは二台ともリタイア、SUPER AGURIは12位と14位。
活躍の場が限られたSUPER AGURIはともかく、自動車メーカーが自ら参戦しているトヨタとホンダ、特にホンダの低迷ぶりには目を覆いたくなるものがあった。
来シーズン、どこまで巻き返せるか注目したい。
それから、今シーズンはドライバーの移籍を巡る話題が最後の方で出てきた程度だが、これからその類の話が活発になるのだろう。
こちらも要注目。
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。