ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2008-01 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類は衰退しました 2
ようやく出たシリーズ最新作。
積み本の中から発掘して二日で読み終えた。
とにかく内容が濃い。

今回は二編収録され、一編目が「わたし」が変な道具で経験するおかしな体験談、二編目が新たにやってきた助手を迎えに行った「わたし」がハマリ込む無限ループにまつわる体験談となっている。

「変な道具」が何か書くと即ネタバレになるので、ここでは書かないが彼女の冒険は一読の価値あり。
かわいらしくて変な、自意識過剰な生き物との絡みが面白かった。

二編目は時間SFとして読めると思った。
助手を何度も迎えに行かされる無限ループ。
それを作っている妖精さんの発想には驚くしかない。
しかも、これが思いつきの範疇を出ていないのだから。
つくづく、作者は何を考えているんだろうと思わされた。

妖精さんのルーツとか、人類が何故衰退したのかという謎解きなど、どうでも良くなってきた。
この居心地の良い、まったりした環境に浸っていたいと思ったのは、自分だけだろうか。

田中ロミオ著
イラスト・山崎透
ガガガ文庫
スポンサーサイト

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。