ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険な思想家
久しぶりに溜飲の下がる本に出会った。
題名通り「危険」な本だ。
特に「人権主義者」にとっては。

この本を一言で言えば「常識の否定」。
それは「人権主義者」の主張が如何にご都合主義で自分勝手なものかについて、相当の紙幅が割かれている事からもわかる。

しかもオウム事件の時のコメントを引き合いに出して、当時の言論人の主張がいかに滑稽極まりなく、現実離れしているか、情け容赦なく書いている。

更に話は続く。
そうした人権至上主義が「言葉狩り」などで戦後の文化をダメにしていったか、彼らの唱える正義が軽薄な代物か説いている。

個人的には「人権」を語る事は悪い事ではないと思っている。
しかし、この国で「人権」という言葉が濫用される現在、何とも胡散臭い物を感じるのは自分だけだろうか。
それは刑事事件で顕著だと思う。「加害者」の人権保護が声高に叫ばれる事があっても、最も救済が必要な「被害者」の救済はどうなっていたか。その対比は如何にご都合主義的に「人権」が使われていたかの証左だと思っている。

本書が書かれたのは1998年。
普通、この種の本の中身は時間の経過と共に古びていくが、本書に限っては決して古びていない。
ある意味で大変勉強になった。

著者 呉智英
メディアワークス発行 主婦の友社発売
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/149-2bcdce50

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。