ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-10 | »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老ヴォールの惑星
長きに亘って出る本をチェックしている作家は多い。
今回取りあげる小川一水もそうした一人だ。
去年読んだSFでは一押しだった「復活の地」をはじめとする「一気に最後まで読まなければ気が済まない」長編ばかりを書く人だと思っていたが、この本が初の短編集だったというのは意外な感じすらした。

で、読んでみると長編同様、「一気に読まなければならない」と勢いがついてしまうぐらい面白い。
短編集だから、そんなに慌てて読み切らなくてもいいのではと思うが、やはり明快で感情移入がし易い文章、練り上げられた魅力的な舞台設定がページをめくる手を止めさせてくれない。

個人的には、「ギャルナフカの迷宮」と「漂った男」がお薦めだろうか。

著者 小川一水
ハヤカワ文庫JA
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/17-736ebd1f

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。