ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-06 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家の罠
一年前に出た本だから、「いまさら」な感じは拭えない。
しかし、通勤電車の中でハードカバーを持ち歩こうという気にさせた本というのも随分久しぶりだ。

著者の名前は「鈴木宗男氏」とセットで記憶されている人も多いと思う。
「背任」と「偽計業務妨害」容疑で逮捕される直前から第一審判決までの日々を綴った本・・・というには内容が興味深く、デキのいい小説を読んでいるような錯覚すら覚える。

「面白い」というのは何と言っても、著者の「人となり」にある。
自分の人生を賭けた裁判に「歴史の審判」を持ち出した人物は見かけたことがない。

検察官とのやり取りもそうだ。
双方の「落としどころ」を模索し、駆け引きしながら進む取り調べ光景。
読んでいる身としては双方が「ゲーム」を楽しんでいるのではないかと錯覚してしまう。

他にも外務省の体質など興味を惹く点は多い。
それこそページをめくる度に驚き、興味が増す。そんな本は本当に久しぶりだ。

著者 佐藤 優
新潮社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/192-6a1de2d4

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。