ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-05 | »
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総選挙から一夜が明けて・・・。
自民党圧勝、民主党惨敗。
総選挙の結果が出て一夜が明けた。

早速民主党の方は党首交代となかなか喧しい状況に陥っている。
結局、論点は自民党より出せていたように思えたが、その真面目な議論に自民党が全くソッポを向いたことが敗因か。
最初から「郵政民営化」一本だけに的を絞り、わかりやすいが中身もない選挙活動に出た自民党に対して、年金や福祉問題を持ち出したが、結局は昨日も触れたように「空疎なわかりやすさ」の前に敗れ去った。

どの世代がこの歴史的な「大勝利」を演出したのかは、大変興味深いところではある。

ともあれ、民意は決した。
郵政民営化は実現する。
そして、その後何が待っているのか?
恐らく、我々国民にとって大増税といった録でもない展開が待ち受けているのだろう。

「国家百年」の計が示され、少しでもより良い国を作るというのであれば納得もしよう。
しかし、現実は公共事業の大盤振る舞いで大借金国家と化したこの国の後始末に使われるだけ。
そのカラクリを「わかりやすく」政治家の口から聞きたいものだが、誰も彼も「無責任」という状態ではそれも叶いそうにない。

しかし、今回の総選挙で一つだけ評価すべき点もある。
それは「義理人情」形の政治家が減り、全体的に若返ったという印象を受ける点。
「義理人情」自体は個人的に嫌いではないが、「政治」の場にそれを持ち込むのは間違いだと思っているので、この点だけは評価してもいい。

話は変わって、「9/11はテロ記念日」などと無思慮な発言をする山崎某が当選していたりする所に、この党の変わらなさを見る。
それにしても、こんな変態に誰が入れたのだろう。
そう考えると、この国の「民度」とやらも底が知れていると思う。

追記:
ついにVARIABLEさんにこのブログからリンクを張っていることがバレてしまい、相互リンクを張られてしまった。
面倒なことが嫌いなので、基本的にリンクフリーの方向でいるからリンクを張ってくれる事は全く問題はない。
しかし、自分でスパムと判断するリンク、コメント、トラックバックの類は無警告で削除するので、ご注意のほどを。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/21-81e0de9f

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。