ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突撃アンソロジー 小説創るぜ!
時々、富士見ファンタジア文庫も妙な企画をすることがある。
今回は読者から設定を公募し、その設定を元に三人の小説家が中編や短編を書く。
ある意味、作家を食った企画だと思う。

今回の企画の犠牲者(?)は秋田禎信、榊一郎、神坂一、賀東招二。の4氏。

読書から送られてきた設定を元に世界観を構築し、小説にしていくのは大変だろうにと思うが、それを感じさせないのは見事。
個人的には賀東氏の話が一番ツボだった。
設定をホンの少し使っただけ(他の作品が世界観なり登場人物に読者が送ってきた設定を反映させているのに、全くと言って良いほど反映していない)で、後はひたすら作家のバックヤードについて延々書き連ねるのは反則だよなぁと思いながらも、非常にメッセージ性が強い異色作に仕上がっていた。
個人的にはイチオシか。

それにしても、日本人の活字離れの原因を「小説をぶった切りにして読ませる教科書」だと言い切ってしまうのには全く同感。
本来なら小説一冊を使って緻密に進めていくものだと思うのだけど、そんな事をしていたら授業なんて進みやしない。
けれども・・・と思っている自分の思いを思いっきり代弁してくれたので溜飲を下げることができた。

著者 秋田禎信、榊一郎、神坂一、賀東招二
富士見ファンタジア文庫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/41-e554a278

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。