ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルースカイ
青一色の表紙。
まず、この大胆なカバーに度肝を抜かれた。
イラストも何もなし。
ただ青一色に白いタイトルと著者のクレジット。

この表紙は新刊の文庫の中にあって、間違いなく目立つ。

「3つの箱庭」と「3つの青空」。
この二つの言葉が本書を物語る。
物語は17世紀のドイツから物語が始まる。
最初、少女とその子孫の「年代記モノ」かなぁと思って読み進んでいくと、そんな使い古しのパターンではない事にすぐ気が付く。
少女と祖母の平凡な暮らしに乱入してくる異国の少女。
これだけなら数多あるライトノベルのフォーマットにあてはまりそうだが、物語を追っていくにつれて、フォーマットを飛び越え、驚くべき様相を呈していくことになる。

そして、全く関連がない3つの箱庭と青空は「繋がって」、ラストを迎える。

本書のラストは今年読んだSFの中で個人的に一番の衝撃かもしれない。

著者 桜庭一樹
ハヤカワ文庫JA

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/50-6864da70

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。