ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-06 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デザインで選んだ世界のエアライン100
最近、旅客機のカラーリングが気になって仕方がない時がある。
中部国際空港のデッキから見る旅客機を眺めるのが面白かったというのもあるが、同じ機体でもカラーリング一つで印象がガラリと変わることをこの本が改めて教えてくれた。
もっとも、この目で見ることが出来たカラーリングは国内線しか乗ったことのない悲しさ、かなり限定されてしまうのだが。

それにしても100種類もよく選りすぐったものだと思う。
写真主体でキャプションも控えめ。
「見ること」に熱中できる文庫本というのも久しぶりだ。

国際線、海外のエアラインのカラーリングセンスに舌を巻いたり、何気なく旧ソ連の機体が出てきたりと色々と楽しい時間を過ごすことが出来た。
是非、続刊が出て欲しいと思う。

著者 チャーリィ古庄
文庫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/519-19ae11f2

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。