ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-10 | »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばいおれんす☆まじかる!~九重第二の魔法少女
昨日、ブックオフで仕入れた本を早速読む。

結論から言う。
ドコが「魔法少女」?
悪い意味ではないが、タイトルと内容のギャップが激しすぎ。
でも考えてみれば「ばいおれんす」とあるから「タイトルに偽り」はない。

よくある「魔法少女」モノにありがちな「萌え」要素より「流血」シーンばかりが印象に残る。
「品行方正」とは程遠い「凶悪無比で、しかも暴力団の跡取り娘」というセオリーを外し、なおかつ誰もが想像しがちな主人公を据えた時点で展開は予想できた。
「ベタな展開」と言われればばそれまでだが、それでも面白かった。

これが著者のデビュー作だが、キャラ造形は上手い。
話の流れも笑わせる所は笑わせ、シリアスな所はきっちり締めるといった具合によくまとまっていたと思う。

しかし、カバー裏の「魔法少女が正義の味方なんて誰が決めた!?」
読み終えた後で見直すと、コレがこの小説の全てを一言で言い表している。

さて、同時に買った続編を読むか。

著者 林トモアキ
角川スニーカー文庫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/55-d9988dec

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。