ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-07 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレさま列伝 弐の巻
過去に活躍したF1ドライバーのヒストリーを三冊に凝縮したコミックの二冊目。

今回はミカ・ハッキネンを筆頭に、ゲルハルト・ベルガーやアレッサンドロ・ナニーニ、リカルド・パトレーゼといったホンダ第二期F1活動期に好敵手として活躍した比較的新しい人(といっても10年近く前だが・・・)と、ジョン・サーティース、ジャック・ブラバム、ファン・マヌエル・ファンジオといった伝説の域に入ったドライバーという両極端な顔ぶれ。

特に後者をどう描くか興味があったが、ギャグは抑え目、小ネタも少なめで淡々とした感じ。
やはり「大物」を描くのは難しいのかなという印象。

逆に最近まで活躍していたドライバーの話になると、こうもハジけるかね、というギャグの嵐。
リアルタイムで活躍しているところを見ているドライバーばかりだけに、どうしてもこちらの方に目が行ってしまう。
特に、ゲルハルト・ベルガーの回のテンションは高い。
のっけから「タカチホ伝説~」なんて知る人ぞ知る日本人F1ドライバーネタを絡めてくる所など特に。
でも、全然本筋には絡んでこないのだった。

有野 篤
株式会社イデア

それにしても「タカチホ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/566-ca715488

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。