ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-06 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
105円で何の本買った?(その14)
沈没船にまつわる話が好きだ。
一生半ばで海底にその住処を定めざるを得なかった船。
その悲劇性に心惹かれる時がある。

今回ワンコインで買ったのは「戦艦大和発見」。
「男たちの大和」に前後して文庫として出た本だが、買うタイミングを逸して今に至ってしまった。

1945年4月7日、東シナ海に沈んだ大和。
その沈没位置は長年特定されなかったが、1985年に明らかにされた。
本書は潜航艇による特定作業や戦没者の鎮魂・慰霊といったドキュメンタリー、元乗組員の証言、設計秘話やQ&Aなどで構成されている。

個人的には20年以上前の沈没位置特定にまつわるエピソードをもっと読みたかったと思う。
その意味では少々ボリューム不足かなと思う。
逆に、Q&Aは意外な所まで網羅していて一読の価値はあるとも思った。

要するに一長一短はあるものの、読んで損はしなかった。
ただ、「男たちの大和」の副読本といった感じは否めないので、目下同書を読んでいるところだ。

辺見じゅん・原 勝洋著
ハルキ文庫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/620-6656c938

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。