ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1GP第4戦・スペインGP 予選
マクラーレンのアロンソがフリー走行の勢いそのまま、ポール奪取かと思いきや、そうは問屋が下ろさなかった。
予選結果はポールがフェラーリのマッサ。
当のアロンソは僅か0.03秒差で二位。
三位にライコネン、四位にハミルトンとフェラーリとマクラーレンが仲良くトップ4を分け合う格好になった。

この4台の早さは最早「別格」。
4位のハミルトンの予選タイムが1'21.785なのに対し、5位のBMWザウバーのクビサのタイムは1'22.253。
約0.5秒の差がついている。
チーム力の差を縮める目的で導入されたレギュレーション改正だが、二チームが突出するというのもちょっとなぁ、という感じを受ける。

目を日本勢に転じてみる。
トヨタは6位と17位。
ホンダは12位と14位。
SUPER AGURIは13位と15位。

予選結果を見てトヨタも浮き沈みが激しいなぁと思う。
6位という予選順位から決勝で何処まで順位を上げられるか注目したい。
ホンダアの方はようやく中団まで戻ってきたかという印象。
ここから入賞圏内に食い込めるか、それとも後方集団の中に埋没してしまうのか、大変気になる。

SUPER AGURIの方もホンダと同じことが言えるが、何台ワークスを食えるのかが見物、といういつも通りの見どころに落ち着きそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/641-c72844c8

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。