ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-07 | »
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類は衰退しました
小学館からライトノベルの新レーベル「ガガガ文庫」が遂にスタートした。
新レーベルに対しては暫く様子見を決め込むのがいつものパターンだが、今回は気になるタイトルがあったので発売と同時に手にした。
それが本書だったりする。

人類が緩やかな衰退期に入って幾星霜。
地球は人類の物から「妖精さん」のものになっている。
学校を卒業した「わたし」は国家公務員の「調停官」となり、妖精さんとのコンタクトに励む・・・というお話。

読んでいてライトノベルというより、60年代SFを今風にアレンジしたのではないかという印象を受ける。
面白いのは「妖精さん」の生態。
大都市を作ったかと思えば、ペーパークラフトの恐竜と戦ってみたり・・・とその活躍(?)ぶりは脈絡なく楽しい。

「妖精さん」がどうして地球に出現したのか、人類は地球における主役の座をどうして降りる気になったのか、知りたいことは多々あるけれど本作が作家デビュー作とは思えない面白さだった。

ちなみに発売後の平台を見ていたら本書の山だけが低くなっていた。
それだけ注目されていたということだろう。

著  者 山田ロミオ
イラスト 山崎 透
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/658-cd07b25b

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。