ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-06 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「朝日ソノラマ」が消える・・・。
「緑背」や「白背」が印象的だった文庫の新刊が出なくなり、旧作の復刻が幅を効かせるようになった(それ自体は決して読み手にとって悪いことばかりではない)頃から、ちょっと危ないかなという感じがしていた。

その予感が的中した事は昨日、朝日ソノラマ自身の手で明らかにされた。
「店仕舞いについてのお知らせ」

「店仕舞い」という表現が1959年創業の同社らしくて何となくいいと感じる。
個人的には朝日ソノラマのジュブナイル文庫や戦記文庫をおおいに楽しんできたこともあった。
特に「ARIEL」シリーズなんて息の長いシリーズが完結まで持って行けたのは作者の力量もさることながら、そうしたシリーズの継続を認めてきた会社の度量もあったのだろうと思う。

出版物の多くは朝日新聞社に移されるが、ライトノベルやコミックスに疎い同社が朝日ソノラマの「遺産」をどう育てていくのかは注目したい所だ。

いずれにしても、一つの出版社が消えるのは何とも言えず寂しいものがある。
まして、小学校高学年の時分から親しんできたのだからそれはなおさらだ。
今はただお疲れ様としか、かけられる言葉がない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/680-8ebdeb19

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。