ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第13話 「星に潜むもの」
フィシスの不気味な予言から始まる今回。
彼女はナスカに降り立つ。
その彼女にジョミーが見せる家族の肖像画。
ジョミーがナスカに根を下ろした目的がここで語られる。
その理想と冒頭の予言の落差が波乱を予感させる。

一方、ナスカへ接近しようとするキースとマツカ。
辺境宙域の人材と機材不足を露呈しつつナスカにたどり着く。
キースは上陸艇でナスカに降りる。
それにしても、地球側の人材不足がよく描かれている。
連絡不通になった上陸艇を見捨てて彼を乗せてきた宇宙船は基地へ引き返す。
そのドタバタぶりは見てられない。

そして遂に対峙するジョミーとキース。
格闘で圧倒するキースに対して超能力で対抗するジョミー。
リオの助力もあってミュウの手中に落ちるキースだが、その間際に彼がフィシスに見せる映像。
これが後への伏線になってくるが、原作と違うアレンジがなされるのだろうか。

意識を失っている状態でも地球の偽情報を流すキース。
そんな彼にジョミーは叫ぶ。
「それでも人間だって言うのか!」

キースのような人間を生み出して体制維持を図る地球側。
その一端が原作以上に強調されていたように思う(うろ覚えだが)。

囚われのキースを助けようと高速艇で出発するマツカ。
その事が次なる波乱を予感させる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/692-2d9754b7

(アニメ感想) 地球へ… 第13話 「星に潜むもの」

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】ジョミーはフィシスに話す、「長老達の想い、若者達の願い、みんな叶えてやりたい・・・」と。フィシスはジョミーの一途なその想いを受け止めた。だが同時に、このナスカに訪れるであろう不吉な何かを感じ取っていた。そして・・・....

レビュー・評価:地球へ……/section13 : 星に潜むもの

品質評価 17 / 萌え評価 16 / 燃え評価 20 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 20 / お色気評価 18 / 総合評価 20レビュー数 111 件 マツカを伴いジルベスター星系へ向かうキース。彼の接近はジョミーに新たな火種となって降りかかる。撃墜され、拿捕されるキース。「少佐は生

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。