ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-09 | »
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第16話 「赤い瞳 蒼い惑星」
何か今回、「メギドシステム」しか印象に残らなかった・・・というのは冗談。
ただ、あのデザインは何とかならなかったのかと思う。
あれでは単に「十字架」でしかない。
デザインがどうにもならないのであれば、もう少し威圧感のある登場をして欲しかった。
実際に一発撃っているが、あまり「凄そう」という印象を受けなかったのは自分だけだろうか。

目をミュウの方に転じると、トォニィをはじめとするナスカ生まれの子供達が昏睡状態で搬入されてくる。
そんな子供達を目にしたドクターの「蝶の変態を見ているよう」という見方が印象的だ。

「殲滅」を前提とする人類に対して、ナスカの若いミュウたちは楽観的に過ぎる。
結局、悲劇は避けられない。
視野の狭さが招く悲劇だけに、どうしようもないものを感じる。

話は変わって今回のもう一つの見どころがブルーとフィシスの関係。
処分されようとしていたフィシスを救ったブルー。
そして彼女の持つ「地球」のビジョンに惹かれるブルー。
その辺りの描写が良かった。

そして、原作では第一部ラストで命を落としたブルーがTV版でここまで生かされてきたか、それを疑問に思っていた。
どこでどう予定された「死」を迎えるのか。
それが次回、明らかになる。
言い方が不謹慎になって申し訳ないが、その辺りをスタッフがどうまとめてくるか注目している。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/714-36efad81

(アニメ感想) 地球へ・・・ 第16話 「赤い瞳 蒼い星」

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】国家騎士団によるミュウ殲滅作戦が、いよいよ動き出した。ジョミーはナスカの脱出を決意するが、若者達の多くはこの星に残るという意思を示す。だがそうしている間にも、刻一刻と敵の船はナスカへと近づき・・・そして、その時はや....

レビュー・評価:地球へ……/Section16 紅い瞳 蒼い星

品質評価 7 / 萌え評価 21 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 35 / お色気評価 8 / 総合評価 13レビュー数 84 件 国家騎士団の総力を挙げたミュウ殲滅作戦が動き始めた。速やかなナスカからの脱出を支持するジョミーの前に立ちはだかる、若者たちとの危機意識の溝

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。