ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球へ・・・ 第17話 「永遠と陽炎と」
メギド・システムがナスカを襲う。
しかし、それは強力なバリアで阻まれる。
ソルジャー・ブルーだけでは到底無理だろうと思ったら、トォニィを筆頭とするナスカ生まれの子供達とブルーがバリアを張っていた。
いきなりのトォニィの復活に面食らう。

バリアに阻まれたとはいえ、ナスカは地殻変動を起こし崩壊を始める。
その中を脱出するミュウたち。
脱出する者、シェルターに残る者。
後者はナスカと運命を共にすることになるが、ジョミーとのやり取りが心に染みた。

ジョミーがナスカへ向かう一方、宇宙ではブルーがメギド・システムを破壊するべく突入する。
自らに残された能力を駆使して中枢へ向かうブルー。
そのブルーを「狩り」だそうとするキース。
原作のキースとは少々イメージが違うのだが。
サディスト入っていないか・・・?

結局、ブルーの命を代償にメギド・システムは破壊される。
そして、ナスカも消えた。
そのゴタゴタの中、無能と思っていた艦隊司令官の「怪物はキース」という台詞が耳に残る。

脱出を果たしたシャングリラ。
その船内でジョミーは自分たちが追われた場所への回帰を宣言する。
新たな対立の火種を抱えながら次回へ続く。

今回の見せ場はブルーの散り様。
そういっても過言ではない。
原作と違う流れでブルーの最期をここに持ってきたが、話の流れから見て納得できるものだった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/717-ebdfcaa4

(アニメ感想) 地球へ… 第17話 「永遠と陽炎と」

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】メギドが発射された。その時、地獄の業火を退けたブルーとジョミーの前に現れたのは、7人のナスカチルドレン。キースの指示で、メギドの第二波攻撃が準備される中、ミュウたちのナスカからの非難脱出は果たして間に合うのか・・・....

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。