ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-06 | »
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実録!関東昭和軍 第1巻
夏の甲子園もたけなわな今日この頃。
このマンガを紹介するのに絶好のタイミングだ。

前作「ギャンブルレーサー」で競輪の世界を面白可笑しく、時に悲哀を込めて描いた作者が選んだ舞台は「高校野球」。

どうせフツーの高校野球マンガじゃないだろう、と思ってページを開くと、自分の期待通りの世界がそこにあった。

何しろ、いきなり体罰。
選手が監督やコーチ、挙げ句の果てに先輩にドツき回される。
それにしても、監督の言が一々壮絶。
とてもスポーツマンとは思えない台詞が続出する。
「自ら地獄を経験しろ」
「一人一人が組織の勝利のために己を捨てて戦う兵士となれ」
挙げ句の果てに・・・。
「己に勝て!相手に勝て!人生に勝て!勝てば官軍!勝てば正義!とにかく勝て!」
ときたものだ。

これで第一回分だからクラクラしてくる。
今の高校野球の現状を揶揄しているマンガと考えれば屈指のデキ。
「高校野球はスポーツではない、戦争だ」
そのことだけは第一巻を読んでよーっくわかった。

田中誠
モーニングKC
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/736-0b9ebac1

ギャンブルレーサー『ギャンブルレーサー』は、田中誠 (漫画家)|田中誠が描いた競輪漫画。講談社の漫画雑誌・週刊モーニングに1988年6月から隔週(一時期月3回掲載の時期もあり)で連載されていたが、後にイブニングに移動し、タイトルも『二輪乃書 ギャンブルレーサー』(

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。