ナンカア楼

見たこと、聞いたこと、感じたことを気まぐれに。

暦~こよみ~

« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦闘城塞マスラヲ vol.3 奇跡の対価
前作からちょうど半年。
忘れた頃にやってくるシリーズの三作目が出た。

今回は、「死なない程度なら妨害アリ、優勝すれば一億の賞金と『聖魔杯』の勝ち星を大量ゲットできる」、超ハイリスク・ハイリターンのカーレース「聖魔グランプリ」の幕が開けるところから始まる。

ヒデオがステアリングを握ると思いきや、彼は銃を片手に。
運転はウィル子が担当する。
レース自体はハチャメチャそのもの。
読んでいて素直に楽しめた。
その途中でヒデオを襲う異変。
ウィル子のエネルギー源はコンピュータだけではないことが明らかになる。
このエピソードだけで、一冊分読んだだけの満足感を味わってしまった。

とはいえ、残りのエピソードがつまらないかと言えばそんなことはない。
たっぷりのパロディが織り込まれていたり、「リリー=鈴蘭」であることがいともあっさりバラされたり(といっても「お・り・が・み」シリーズから読んでいる人には自明だったと思うが)、リュータの過去が明かされるエピソード、そしてポートナーのエルシアとの関係の深さが伝わってくるエピソードなど見所は多い。

一気に読み終えてしまえるテンションの高さは相変わらず。
シリアスさを増していくであろう、次巻の展開が楽しみだ。

著者 林トモアキ
イラスト 上田夢人
角川スニーカー文庫

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ca2785.blog21.fc2.com/tb.php/885-a34d7fa7

[ラノベ]戦闘城塞マスラヲ (3)奇跡の対価[林トモアキ]

戦闘城塞マスラヲ Vol.3 (3) (角川スニーカー文庫 150-13)posted with amazlet on 08.02.04林 トモアキ 角川書店 (2008/01/01)売り上げランキング: 10605おすすめ度の平均: 奇跡の対価 遂に聖魔グランプリスタートそして決着!Amazon.co.jp で詳細を見る 戦闘城塞マスラ...

 | HOME | 

最新のエントリー

最新のコメント

最新のトラックバック

プロフィール

Curious A

Curious A

ネットの片隅でネタを探して幾星霜。
「こっそり、ひっそり、目立たずに」が座右の銘。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。